WHITE ALBUM2 cc サブ√

 

 

という訳でccサブヒロイン3人の√の感想です

 

f:id:az_lily_E:20170911221639j:plain

 

まあ全部要約すると北原春希死ねという話なんですけどもね。

クリア順は攻略サイトの推奨通り小春→麻理→千晶です

話の内容的にもこの順番で正解だったかな~と

まずは小春√からです

 

 

杉浦 小春√

・ヒロイン像

世話焼き系後輩ヒロイン、いいですよね~w デュフw

 

はい。

 

作中でも度々言われていたように、杉浦小春という少女は自分の信じる正義に忠実に行動するという点で在りし日の北原春希と瓜二つなんですよね。

 

そんな彼女が恋に落ち、様々な問題に板ばさみにされる中「誠実とは誰に対する誠実か」という言葉に対する答えを見つけるまでがこの√なんじゃないかなと思います。

 

f:id:az_lily_E:20170911235652j:plain

バレンタインのアレめっちゃ可愛くないですか?日付変わるまで落し物した~つって嘘吐いて変わった瞬間隠してたチョコ渡すやつ。そりゃそのままブチ犯しますわな。

というかまずバイト制服姿がめちゃくちゃ可愛いんですよね。

まあPS3版だからエロシーン飛ばされたけどな。バカ野郎がよ。

 

 

ところで小春ちゃんは矢田の何が好きで親友やってんですかね…逆はともかく。

アイツにしても他の友達2人にしても自分で何もしない癖に他人に多くを求めすぎだし本当いいとこ無しの不愉快なキャラだったな

孝宏君小春√以外では小春ちゃんと将来的にくっ付いたりするんだろうか。それはそれでお似合いな気がするし見てみたい。

 

 

 

・春希

この√の春希はサブヒロイン3人の√の中で1番好きでした。

というのも、ccサブって今までの3年間をどう割り切って次の恋へ進むかという話だと思うんですよね。割り切るという行為そのものの是非はともかく。

そういう点において、お互いがお互いを好きになる理由がハッキリしていて尚且つそれが北原春希の在り方として矛盾していない物だったので良かったと思います。

それはそれとして中盤で春希のせいで小春ちゃんが闇堕ちしかけた時は人殺しになりそうだったけど

 

春希は小春ちゃんの真っ直ぐさや強さに自分の在りし日の姿を重ねているので、心が折れていく小春ちゃんを救いたいというのはすなわちあり得たかも知れない自分のもう一つの可能性を守りたい、「北原春希のやり直し」をしたいという願望だと思うんですよ。これUBWなんですよね。(は?)

結果的には小春ちゃんは春希なんかよりも余程強く自分に厳しい人間だったので割と自力で立ち直っちゃうんですけどね。サブにしておくには惜しいヒロインだ

 

過去の自分のような少女と向き合って自分と同じ過ちを犯さないように寄り添っている内に「堅物委員長だったときの北原春希=小春が人間として尊敬する北原春希=雪菜が好きだった北原春希」に戻っていく誰にとっても幸福な流れだと思います

 

f:id:az_lily_E:20170912003141j:plain

 

これさえ無ければな。

雪菜の望む春希に戻った結果春希が離れていくなんて酷すぎるでしょう…

 

 

・総評

どこまでも真っ直ぐで思いやりの気持ちが強く好きな人にしか弱みを見せない気の強い世話焼き後輩JK、100000000点。

結局彼女にとっての誠実とは「大切な人に対する誠実」であり、より大切な物の為にもう片方を切り捨てられる強さを持っているんですよね。そこが春希と決定的に違った部分であり、どうあっても春希が杉浦小春になれない理由

 

この√は春希も比較的不快じゃなかったし小春ちゃんも可愛いので純粋にブヒれましたね。これがWHITE ALBUMでさえなければな…

個人的に作中で一番ウワァとなったのはこの√の

「あなたは、治せる人を治してあげてね。
わたしの傷はもう…あなたには専門外だから」ですね キツい

 

 

どうでもいいけど他√に比べて武也の説教パートが更に厳しかった気がするんですけど何なんでしょうかね。やっぱJKはマズかったんかなぁ…

 

 

風岡 麻理√

・ヒロイン像

作中でゴチャゴチャ言ってたけど、正直春希にとって麻理さんはかずさの代用品でしかないんだなと感じた。

風岡麻理にあって冬馬かずさに無い物って特に無いと思うんですよね。処女膜くらいでは?

という訳で特に語る事はないです。嫌いじゃないんだけどね。

 

 

・春希

3√中ダントツでクソキモかった

前述の通り基本的にccサブって今までの雪菜達との3年間をどう消化して次の恋へ進むかという話だと思ってるんですけど、この√の春希って新しい恋に進もうとしている訳ではないんですよね。

最終的に各√で雪菜が春希を手放す理由って「自分の正義に忠実で融通の利かない堅物委員長だった頃の北原春希」に戻ってほしいからってのが主じゃないですか。

そう考えると、春希が麻理さんをかずさの代用品としてしか見ていない以上彼はずっと彼らしさを取り戻す事無く生きていき、雪菜も浮かばれないんですよね。

ラストなんかヒモ宣言しかけてましたからね。お前もう誰だよ。

雪菜にとっても麻理さんにとっても、そして過去の春希にとっても失礼極まりない腑抜けきった√でした。

誠実って誰に対しての誠実だ?この√ではチンポに誠実だったんでしょうね。

f:id:az_lily_E:20170912013044j:plain

バカチンポ

 

 

・総評

基本的に自分の中に譲れない何かがある人間が好き(その思いが強ければ強いほど良い)なので、風岡麻理という人間自体は割と好きだった。まあそれ言うと小春ちゃんの方が好きなんだけど

しかし、そこまで大切にしている仕事と天秤にかける程春希を好きになる理由は正直言ってよく分からなかった。(ギャルゲーだからと言ってしまえばそれまでだが)

北原春希という人間の良さはやはり過剰なまでのお節介と自分の正義に忠実である部分だと思うので、こういう年上の女に甘えていると本当にいい所が何も無い。結婚詐欺師とかヒモとか向いてるんじゃねえかな。

 

 

 

和泉千晶√

・ヒロイン像

f:id:az_lily_E:20170912023042j:plain

死ねクソアマ 終わり

 

 

嘘です

 

 

まあね、ヒールに徹してるのは分かるけどこのキャラ好きになるのは無理でしょう…

好きじゃないので特に語る気になりません

強いて言うなら和泉千晶というキャラはicをプレイして考察しているプレイヤーのようなメタ的存在だな~と

発言も登場人物を物語の外から眺めているような刺さる台詞が多かったし(まあそういう奴といえばそうなんだが)

そういう意味でも攻略を一番最後にしろというのはいいアドバイスだった

 

 

 

・春希

彼らしいといえば彼らしかったが余りにもお節介焼きの度が過ぎていて頭がおかしいのか?となった

まあこちらも色々言ってたけど結局は「コイツには俺がいないとダメだけど~」理論なんだろうな

「才能も何も無い普通の人間の俺は、普通じゃないお前の事が心配でたまらない!」とはいかにも春希らしい台詞である

 

とか思ってたら最後の最後で「裏切るより裏切られる方が楽だから」とかいうクソみたいな理由で雪菜を捨てた事が判明して流石に顎外れたよね。

春希、悲劇のヒロイン症候群で可哀想な自分に酔ってる所あるよな

流石に今回はちょっと可哀想だと思ってたけどそれを本人が望んでるならもう好きにしたらといった所

やはり北原春希はゴミ。

 

 

・総評

いや~ 話としては面白かったかもしれないけどこれがギャルゲーのヒロインってどうなの?って感じだった

もちろんヒロイン的にグッとくるシーンはあったんですけどね ステージ上で胸に手を当てて告白する所とか

ただ、千晶はやはり報われるべき人間ではないというか、最後までヒールに徹して後味の悪い終わり方でも良かったと思うんですよね。それこそギャルゲー的にどうなのって感じだけども

 

あと春希がこの状況で雪菜を捨てて千晶を選ぶ意味が本当に微塵も分からないんですよね

冬休みに演じていた「千晶ちゃん」に春希が惚れるのは前述の通りまあ彼らしいといえばそうなんだけど、あんだけボロクソやられた上に他√よりも雪菜と友好的な今何故そうんなるんだ お前が一番宇宙人だよ

 

春希が立ち直るシーンで「俺は本質的にそういう(女に甘えて堕落するような)人間じゃないんだよ」とかほざいてて乾いた笑いが出ましたね。全√甘ったれ倒してるじゃねえかボンクラ

あと珍しく武也と依緒がモメてましたね。全然引きずらなかったから何だったんだアレとなったけど。今後の伏線になったりするのかな

 

結局今回の話で1番印象に残ったのは「あの和泉千晶ですらついに理解できなかった小木曽雪菜という女の複雑さと強さ」ですね。誰の√だっけコレ?

相手を好きでいる事と相手に嘘を吐いて騙す事は両立しないとでも?とは千晶の言い訳の際の台詞だったが、図らずともかずさを忘れたと嘘を吐き雪菜を愛そうとした春希に刺さる台詞になっていた。いちいちメタいんだよなぁ

他にも小春ちゃんに嘘吐いてる時の「自分の想いを強引に押し付けて、彼の都合も考えずに、優しさに甘えて、心が通じ合ってるって勝手に信じて…結果、彼を傷つけちゃった」とかまんま雪菜の事だよねっていう。

 

最終的に今までの所業とエンディングでの報われようの差がしっくりこなくてラブコメとしてはウーンって感じだった 何度も言うが話は面白い

 

 

 

という訳でようやくサブ√終わったんで雪菜を幸せにしてきます

もう悲しむ雪菜を見なくていいんだ……(本当?)

 

 

 

f:id:az_lily_E:20170912025026p:plain

ここのエロシーンの為だけにPC版買い直すか悩んでる

 

感想:プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い

 

 

※ネタバレあり

 

f:id:az_lily_E:20170826195400j:plain

 

 

 

これね、良い意味で全然プリヤ要素無くてsn本編に近い感じでした

 

まず切嗣と幼士郎が願望器を探す旅をしている中で、生まれた女の子を神の稚児とし7歳まで外界に触れさせずに結界の中で育て人の子に落とし込む、という風習があるサカツキ家という名家の話を目にして「これ聖杯じゃね?」となる所から始まります

 

その後なんやかんやあって一人ぼっちになった美遊を発見して連れてるんですけど、あくまで願望器として"使う"為になんですよね

 

美遊の世話をしているうちに情が湧いて「美遊の誕生日祝わん?w」つった士郎にアホか死ねバーカとキレる程度にはこっちの切嗣も擦り切れている模様

 

切嗣がsn同様死んだ5年後、士郎は何がしたいのかいまいち踏み切れなくて惰性で美優の世話をし続ける(めっちゃ懐かれる)(可愛い)

 

美優「星に願いを…もし願いが叶うのなら、士郎さんと本当の兄弟になりたいな…なんて、ダメですよね」

士郎「ダメな訳無いだろ。(ハイパーお兄ちゃんモードの顔)」

 

後日、士郎が美遊と本当の兄弟になる為に必要な事、即ち"美遊を連れて帰ってきたのは当初は美遊の為などではなく、道具として利用しようとしてた事"を白状する為に美遊を最初に発見した美遊の実家と本当の家族の墓がある場所に来ます。

白状後に「でも今は違うんだ…」と続けようとした所でジュリアン(今まではsnで言う柳洞ポジだった)登場。万能の願望器である美遊を攫おうとし、士郎がブチ切れて襲い掛かるもアンジェリカに秒殺されて美遊と離れる

 

その後なんやかんやあって助かり美遊を追いかける為に例のクレーターに行くが結界を破れず八方塞がり

このシーンの「確かに俺は正義の味方(切嗣)の真似事をして家族の真似事をしている抜け殻だった… けれど今やっと"本物"を始めようとしたんだ…まだ美遊に伝えられてない事があるんだ…頼むから…俺の妹を返してくれ…」つって崩れ落ちるシーンでまあ泣いたよね

この世界線の士郎の精神支柱は切嗣が遺した理想ではなく美遊になってたんだなって

 

そして死んだように特訓に励む中、偶然買い物帰りの桜と遭遇してご飯食べるんだけどここでも料理中の桜の姿を美遊と重ねて悲しい顔をするシーンがあって辛かったです。桜ンゴ…………

 

玄関まで見送った途端泣きながら会うのはこれで最後だという桜。どうやらエインズワース家主催の聖杯戦争が始まった模様。

この世界線での聖杯戦争はカードを使ってマスター自らが英霊と化し戦うシステムで、桜は自らが持っていた某最強の金ぴかさんのカードを士郎に渡そうとします。これで美遊を取り戻してほしいと、そしてもし叶うのならば美遊を諦めて全て投げ出して私と一緒にどこか遠くに逃げて欲しいと。当然士郎は美遊を助ける道を選ぶが(桜ンゴ…)、カードを受け取る事は桜を危険に晒す事と同義なのでちょっとウジつきます。

 

 

ここで満を持して出てくるのが今回MVP(?)の慎二くん

既に英霊化済みのようで腕から触手を生やして高笑いしながら登場。キショい。

目が完全に逝ってたり「ボクは間桐~何だっけェ~w」とか抜かしてたのでバーサーカーかな?と思ったらアサシンらしいです。お前のようなアサシンがいるか

 

桜、応戦するもカードが偽物クズカードである事が判明(慎二曰く「桜が裏切る事など想定済みなのに最強のカードであるギルガメッシュをジュリアン様が渡す訳無いだろ」との事)

慎二「仕方ないなァ~~~~w お兄ちゃんがカードの正しい使い方を教えてあげるよォ~~~~」

慎二「ザバーニーヤ♡(ネットリ)」

桜死亡。夢も希望も無い。

 

その後士郎が襲い掛かるも生身の人間と英霊モドキでは力の差は歴然

慎二がいつもののように調子コイて痛めつけてから殺そうとする

ボコられて瀕死の士郎「一つだけ聞かせてくれ…妹を殺すのって、どんな気分なんだ?」

慎二「射ァ精の100倍気持ち良かったよォォォ!!!!(即答)(食い気味)(絶叫)(迫真の作画)」

流石に吹き出しちゃったよね

 

そしてここでスイッチが入りクズカードを拾う士郎

「奇跡は無く 希望も無く 理想は闇に消えた…… それでもまだ俺が残っている!(英霊化)」←射精の100倍気持ち良かった

 

まあここから先は語るまでも無く慎二ボッコボコにして終わり sn士郎らしき情は微塵も無く普通に殺します

士郎のキメ台詞が「お前さあ…アサシン向いてないよ。」だったのが地味にめっちゃ面白かった

正確には士郎の英霊化は英霊化ではなく、カードの魔力によってエミヤの戦闘経験や魔術技能などを前借りして圧倒的成長速度で士郎自身がエミヤの戦闘能力に近づいてる感じらしいです。HF腕士郎の強化版ですね(一応徐々に体が人間から英霊に近づく代償はあるらしい 髪が一部白いのはその為)

 

しばらくは他マスターフルボッコ(死語)シーン ちょくちょくFate本編で見たことあるおじさん達が英霊化しててフフッてなる

 

全マスターを殺し大空洞へと向かう士郎、ジュリアンと再度対面する

小を切り捨て大を救うのが正義であり美遊を救おうとする士郎はどうしようもない"悪"であると主張するジュリアン(忘れてると思うけどけどコイツらが聖杯にかける願いは人類種の永続です)

お前のような男を知っている お前は俺のあり得たかも知れない未来だ と士郎

ここの士郎の背後に背を向けた切嗣、ジュリアンの背後にエミヤと思しき残像を浮かばせる演出がめっちゃ好きだった

『悪いな、切嗣。例え間違いだったとしても、俺はこっちの道を行くよ…』

「何百年もの間願望器を独占してきたサカツキ家が、何を願ったか知っているか?ただ我が子の健やかなる幸せを、親として当然の願いを叶えたんだよ…富も権力も、世界さえも思いのままだったのにだ。それを悪だと言うのなら、俺は悪でいい。」

そう言ってジュリアンの横を通り過ぎる(ジュリアン、素通りさせたけどいいの?とは思った)

 

 

美遊の元へ辿り着き言いたかったあの時の続きを言う士郎

そして聖杯戦争勝利者として美遊に願う

「美遊がもう苦しまなくていい世界になりますように」

ここで4期で士郎が「そうか…もうとっくに叶ってたんだな…」っつって泣くシーンの意味が分かってウオオンとなった

『間違い続けた俺だから、この選択ももしかしたら間違いなのかもしれない…

だけどこの願いだけは、"本当"だから』

願望が届き並行世界に飛ばされる美遊

イリヤ達の世界線に飛ばされて1期に繋がる訳ですね

 

 

並行移動には時間がかかるらしく、阻止しようと現れるアンジェリカ

「感情や感傷で動く愚かな人間風情が英霊に叶うと思うのか?」

「俺をただの人間だと言ったな…認識が甘いぞ英雄王!お前が挑むのは、正真正銘英霊の紛い物だ!!!」←射精

 

つってもやっぱギル強いからubw展開しようとする士郎

阻止しようとするアンジェリカの剣の雨をトラックで跳ねた水を傘で防ぐくらいのノリでローアイアス展開して凌ぐ お前本当に人間か?

 ここのubw詠唱少しsnと違った気がする(途中は聞いてなかったけど最後は「それでも剣でできていた」だった)

 

ubw展開した直後の「お前にはこの世界がどう見える?俺にはこの剣が全て墓標に見えるよ」って台詞がいいんですよね 人類種の永続に背いた悪である事を受け入れて戦う士郎が過去追い求めていた理想の残骸を見て吐いた悲しそうな一言

 

アンジェリカはギルではないので慢心せず秒で乖離剣抜いてくるので結界内全ての剣を持って無理だと分かりつつも対抗

アンジェリカ「全ての剣を束ねても究極の一に届きはしない!」

士郎「そうだ その通りだ たった一つが全てを上回る事だってある」

そういい残し敗北する士郎

美遊を逃がす時間は稼げた事を確認し満足げに「勝ったよ…切嗣」と言い気絶

 

場面は変わりイリヤ世界線の美遊

サファイアと出会って~みたいな1期冒頭の話ですね

最後は校庭でライダーと戦うイリヤ達と出会い「あなた…誰?(イリヤ)」からの暗転で「大丈夫だよな美遊 きっとお前ならすぐに友達もできるさ(士郎)」で終わり。

この終わり方ズルくないですか?普通に泣いてしまった(周りは別に泣いてなかった)(アレ?)

余談ですが最後のこのシーン以外でイリヤは一切出てきません キービジュ詐欺でしょアレ

 

 

 

マジでもうね、HFの士郎チンポナイトっぽくてあんま好きじゃなかったんだけど今回のはクソカッコいいと思う。HFと違うのは明確にエインズワースを正義と認め自らを悪と言い放った所ですかね。(HFはなんかウジウジしてる間にどうしようも無くなって助けるか~となったイメージがある)

 

この士郎は美遊や桜の件で自分が何も救えない正義の味方の紛い物、空っぽで無力な存在である事に気付いて、理想や正義ではなく"本当"を追い求めたんですよ。

個人的にHFでいまいちしっくり来なかったのは「あの衛宮士郎が理想を捨ててまで守りたかった物」が単になんだかほっとけない後輩の女の子ってだけだった所なんですよね。あと理想を手放す理由もいまいちハッキリしないと言うか「ウチらダチなんだから殺す訳なくねヮラ」みたいな印象が拭い切れなかった

 

そこに関しては今作の方が理由付けがしっかりしているように思えたので個人的には好きでした。理想のまねっこから始まって壮大すぎて馬鹿げた目標、果ては戦闘スタイルまで偽者や絵空事だらけだった士郎が最後に求めた物が"本当"て。泣くわ。

 

あと序盤で切嗣が死ぬ時に「正しくあろうとする事が間違いな訳が無い 俺が間違いになんてさせないからな」って言ってたんですよ 正しくあろうとする事をやめるってのとHFの正義の味方をやめるってのはまた微妙に違うと思うんですよね 正義の反対はまた別の正義理論で動くか悪と認めて動くかみたいな その辺もHFより闇堕ち感が出てて好きだった

 

 

微妙に話変わるんですけどエミヤオルタとかいうクソみたいなの出たじゃないですか。あのエミヤである必要性が微塵も無かったゴミ。個人的にはあんな意味不明な後付けじゃなくてプリヤ士郎の方がよっぽどエミヤオルタたり得ると思うんですがどうでしょう。まあ今作の彼は正義の味方をやめたので世界の抑止力となることなく英霊化しないと思いますが

 

 

FGO、無事目当ての水着鯖引けました?僕は清姫信長エレナで12万飛びました。障害者なんかなあ…

 

 

 

 

明日腎臓売ってプリヤ原作とchouchoの主題歌買ってツヴァイ&ヘルツのBDbox予約してきます

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団(ネタバレなし)

 

オタクの趣味押し付けシリーズ第1弾(2弾があるかは知らない)

栄えある(ない)初回はルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団です

f:id:az_lily_E:20170726000304j:plain

 

ジャンルはDRPG。ダンジョン潜ってワチャワチャするやつです(適当)

難易度は比較的易しめなので初めてDRPGを触る人にもオススメです

途中でいつでも難易度変更ができるのでDRPG経験者も物足りなさは感じないはず

日本一ソフトウェアという事でやりこみゲーをイメージするかもしれないが割と短めでトロコンも結構簡単な方です

 

 

 

世界観

The・RPGといった感じ

モンスター料理して食ったりするタイプのダンジョン物に雰囲気近い

このゲームではダンジョンの外と中で別のストーリーが進行していきます

 

・外の世界

本作の主人公である魔女・ドロニアと弟子のルカが、生還者たったの1名の謎に包まれた地下迷宮の探索の為ルフランという街を訪れる所から始まります

瘴気が強くとても人間が入れる状態ではない中、ドロニア一行は迷宮からの唯一の生還者が残したと言われる動く書物・妖路歴程(本作における"俺くん"です)を手に迷宮攻略に臨みます

迷宮とは何なのか?唯一の生還者の所在は?そもそも登場人物達の目的は?みたいなのが外の世界の話でありこのゲームの主軸です

 

 

・中の世界

迷宮内はそれぞれ独立した世界となっていて、各世界が抱えている問題を解決したり解決しなかったり叩き壊したりします。(主人公達の目的はあくまで探索なので別に世界を救ったりとかはしない)

それ故に割とダークで後味の悪い話が多かったりするのでその辺は人を選びそう

探索が進むに連れて物語の主軸の謎と繋がってきてなんやかんやします

迷宮内の話はどう書いてもネタバレを避けられないので適当になってしまう……

余談ですが死都アマデウスの話が個人的に好きです

 

 

 

システム

 

・探索

ダンジョン内は一人称視点でザクザク進んで行くシンボルエンカウント制です

このゲームの最大の特徴は「壁を破壊できる」という点

無制限という訳ではなくMP的なアレを消費しなくてはならないが、「マップ上隣の場所に行きたいだけなのに道が無駄に曲がりくねってて面倒臭い……」のようなDRPGにありがちなストレスをうるせえカスと文字通り一蹴して吹き飛ばせる良システムである。

 

MP(仮)消費でダンジョン内の好きな所から脱出し次回潜ったときその場所から始められるので、これまたDRPGにありがちな「ボス倒せないから1回戻って整えたいけどまた入り口から最深部まで行くのか……」というイライラもありません。潜ったら即目の前にボスいます。ゆとりか?

その代わり即死トラップやら唐突な理不尽な強敵の出現やら色々あります。腐ってもDRPGだからね。

 

 

戦闘

戦闘システムは完全ターン制。

パーティ周りが多少複雑で、1~3体が1グループになったカヴンという兵団を最大5つまで編成できます。カヴンを編成する為にはカヴン結魂書(馬車みたいなモンです)が必要で、結魂書ごとに特技や魔法が設定されています。なのでキャラごとにスキルポイント振り分けて特技習得して~みたいなのは無いので少し物足りないかもしれない。

 

 

・キャラメイク

迷宮の探索は歴程(前述の俺くんです)とドロニアが作成した人形兵が行うという設定なので、固定キャラはおらず戦闘キャラは全てキャラメイクする形になります。

全てのファセット(職業的なアレ)に男女3種類ずつデザインが設定されてるので1つくらいは気に入るキャラが見つかるんじゃないでしょうか

f:id:az_lily_E:20170726024855j:plain

シアトリカルスターⅠとデモンリーパーⅠがお気に入りです(画像はデモンリーパーⅠ)

どうでもいいですがこのゲームのキャラデザの方はFGO不夜城のアサシンもデザインしています。キャラデザだけで欲しくなって5000円吸われました。FGOはゴミ。

 

どうでもいいですね。

 

 

 

キャラクター

ドロニア……主人公 傍若無人な魔女 ルカをいじめる おイモはそんなに好きじゃない

ルカ……ドロニアのロリ舎弟 雑用係 かわいい おイモが好き 

ネルド……イキりロリコンドブネズミ ドロニアと対立する おイモよりルカが好き

マリエッタ……ルフラン市の修道女 レズ おイモが主食

ルフラン市の愉快な仲間達……愉快だったり愉快じゃなかったりします

歴程……俺くん 喋りません

人形兵……喋りません

おイモ……芋です

 

 

総評

既存のシステムに萌えや無駄なボリュームなどを付け足していくしかなかったDRPG界に現れた一風違う完全新作

システム面の快適さや少しの目新しさはもちろんの事、DRPGで軽視されがちなBGMやストーリーも拘っているので個人的には最近のRPGで一番の当たりです

PS4版が9月下旬に出るのでVITA持ってなかったら待つのもアリだけど特に追加エピとかは無いっぽいです

百合要素もまあまああるよ(重要)

グロは無いに等しいがひたすら病んでてダークなのでそういうのが好きな人は是非。

そりでは~~~

 

 

 

 

買った人へ

苦労せずトゥルーエンド見たかったら金策に困ってもおイモは売らないでね

1ヵ月近くおイモドロップマラソンをした人より

ブログを始めました

 

 

f:id:az_lily_E:20170724123402p:plain

 

 

あざれあちゃんだよ~~~~

 

 

はい。

 

 

 

オタク語りするのに140字制限はなんだかなあという感じなのでブログ始めました

アニメ感想 オススメのゲーム紹介 ゲームのプレイ実況(?)等が主になると思います

たまに人生どうしようの話をします

 

 

 

気が向いた時に更新します(飽き性だから絶対に続かない)

皆さん今日も人生頑張りましょう

 

 

 

 

 

 

ブログタイトルが思い付かず迷走してしまったので誰か何とかしてください