ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団(ネタバレなし)

 

オタクの趣味押し付けシリーズ第1弾(2弾があるかは知らない)

栄えある(ない)初回はルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団です

f:id:az_lily_E:20170726000304j:plain

 

ジャンルはDRPG。ダンジョン潜ってワチャワチャするやつです(適当)

難易度は比較的易しめなので初めてDRPGを触る人にもオススメです

途中でいつでも難易度変更ができるのでDRPG経験者も物足りなさは感じないはず

日本一ソフトウェアという事でやりこみゲーをイメージするかもしれないが割と短めでトロコンも結構簡単な方です

 

 

 

世界観

The・RPGといった感じ

モンスター料理して食ったりするタイプのダンジョン物に雰囲気近い

このゲームではダンジョンの外と中で別のストーリーが進行していきます

 

・外の世界

本作の主人公である魔女・ドロニアと弟子のルカが、生還者たったの1名の謎に包まれた地下迷宮の探索の為ルフランという街を訪れる所から始まります

瘴気が強くとても人間が入れる状態ではない中、ドロニア一行は迷宮からの唯一の生還者が残したと言われる動く書物・妖路歴程(本作における"俺くん"です)を手に迷宮攻略に臨みます

迷宮とは何なのか?唯一の生還者の所在は?そもそも登場人物達の目的は?みたいなのが外の世界の話でありこのゲームの主軸です

 

 

・中の世界

迷宮内はそれぞれ独立した世界となっていて、各世界が抱えている問題を解決したり解決しなかったり叩き壊したりします。(主人公達の目的はあくまで探索なので別に世界を救ったりとかはしない)

それ故に割とダークで後味の悪い話が多かったりするのでその辺は人を選びそう

探索が進むに連れて物語の主軸の謎と繋がってきてなんやかんやします

迷宮内の話はどう書いてもネタバレを避けられないので適当になってしまう……

余談ですが死都アマデウスの話が個人的に好きです

 

 

 

システム

 

・探索

ダンジョン内は一人称視点でザクザク進んで行くシンボルエンカウント制です

このゲームの最大の特徴は「壁を破壊できる」という点

無制限という訳ではなくMP的なアレを消費しなくてはならないが、「マップ上隣の場所に行きたいだけなのに道が無駄に曲がりくねってて面倒臭い……」のようなDRPGにありがちなストレスをうるせえカスと文字通り一蹴して吹き飛ばせる良システムである。

 

MP(仮)消費でダンジョン内の好きな所から脱出し次回潜ったときその場所から始められるので、これまたDRPGにありがちな「ボス倒せないから1回戻って整えたいけどまた入り口から最深部まで行くのか……」というイライラもありません。潜ったら即目の前にボスいます。ゆとりか?

その代わり即死トラップやら唐突な理不尽な強敵の出現やら色々あります。腐ってもDRPGだからね。

 

 

戦闘

戦闘システムは完全ターン制。

パーティ周りが多少複雑で、1~3体が1グループになったカヴンという兵団を最大5つまで編成できます。カヴンを編成する為にはカヴン結魂書(馬車みたいなモンです)が必要で、結魂書ごとに特技や魔法が設定されています。なのでキャラごとにスキルポイント振り分けて特技習得して~みたいなのは無いので少し物足りないかもしれない。

 

 

・キャラメイク

迷宮の探索は歴程(前述の俺くんです)とドロニアが作成した人形兵が行うという設定なので、固定キャラはおらず戦闘キャラは全てキャラメイクする形になります。

全てのファセット(職業的なアレ)に男女3種類ずつデザインが設定されてるので1つくらいは気に入るキャラが見つかるんじゃないでしょうか

f:id:az_lily_E:20170726024855j:plain

シアトリカルスターⅠとデモンリーパーⅠがお気に入りです(画像はデモンリーパーⅠ)

どうでもいいですがこのゲームのキャラデザの方はFGO不夜城のアサシンもデザインしています。キャラデザだけで欲しくなって5000円吸われました。FGOはゴミ。

 

どうでもいいですね。

 

 

 

キャラクター

ドロニア……主人公 傍若無人な魔女 ルカをいじめる おイモはそんなに好きじゃない

ルカ……ドロニアのロリ舎弟 雑用係 かわいい おイモが好き 

ネルド……イキりロリコンドブネズミ ドロニアと対立する おイモよりルカが好き

マリエッタ……ルフラン市の修道女 レズ おイモが主食

ルフラン市の愉快な仲間達……愉快だったり愉快じゃなかったりします

歴程……俺くん 喋りません

人形兵……喋りません

おイモ……芋です

 

 

総評

既存のシステムに萌えや無駄なボリュームなどを付け足していくしかなかったDRPG界に現れた一風違う完全新作

システム面の快適さや少しの目新しさはもちろんの事、DRPGで軽視されがちなBGMやストーリーも拘っているので個人的には最近のRPGで一番の当たりです

PS4版が9月下旬に出るのでVITA持ってなかったら待つのもアリだけど特に追加エピとかは無いっぽいです

百合要素もまあまああるよ(重要)

グロは無いに等しいがひたすら病んでてダークなのでそういうのが好きな人は是非。

そりでは~~~

 

 

 

 

買った人へ

苦労せずトゥルーエンド見たかったら金策に困ってもおイモは売らないでね

1ヵ月近くおイモドロップマラソンをした人より